はじめに

投資信託協会が発表しているデータによると、2021年8月末時点における国内公募投資信託の運用本数は5,917本。ピーク時には6,163本もあったことからすれば徐々に減りつつありますが、本当にそれだけのファンドが真面目に運用されているのでしょうか。


半分の投資信託が純資産30億円未満

2021年8月末時点の国内公募投資信託の総本数が5,917本。ここからDC専用ファンドやSMA専用ファンドなど一定条件のもとでしか購入できない投資信託を外すと4,717本になります。

よく投資信託選びに際しては、「ファンドの本数が多すぎて選ぶのが大変」という声を聞きます。確かに4717本もあるのですから当然です。でも、本当にちゃんと運用されている投資信託は、ごく一部に過ぎません。つまり私たちが投資信託を選ぶ時には、かなりのところまで購入対象を絞り込むことが出来るのです。

まず純資産総額別に投資信託の本数を調べてみました。

1億円未満・・・・・・237本
1億円以上10億円未満・・・・・・1,370本
10億円以上30億円未満・・・・・・1,053本
30億円未満の投資信託の本数は2,660本です。

恐らくこの2,660本の投資信託については、真面目に運用されていない恐れがあります。なぜなら、真面目に運用しても投資信託会社にとっては、ほとんど収益に寄与しないと思われるからです。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介