はじめに

ボーナスがなくなることがあれば厳しくなる

現在、毎月4万5,000円前後の赤字になっています。1年間では、4万5,000円×12か月で、54万円です。ボーナスのほとんどが、赤字補てんに使われている状況です。これからだんだんと収入は減っていく見込みのようですし、ボーナスにはあまり期待できないかもしれません。もし、ボーナスが出ない場合、年間赤字の54万円は、貯金から出していかなくてはいけません。65歳までの5年間で、270万円の補てんが必要な計算です。

現状のままだと2610万円の老後資金が必要

年金はいくらほど支給される見込みでしょうか。厚生労働省の「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、令和元年度の平均受給額は老齢厚生年金で月額14万6,162円、老齢基礎年金で月額5万6,049円です。ご夫婦の加入状況が分かりませんが、ご夫婦の年金受給額もこの平均程度であり、かつご相談者はずっと夫の扶養の範囲で働いていたとすると、65歳以降受け取る年金額は約20万円ほどと予想できます。

実際の金額は、お手元の「ねんきん定期便」などでご確認いただきたいのですが、65歳以降はさらに2万円ほど赤字が進む可能性があるということです。そうなると、毎月の赤字は6万5,000円ほど。人生100年時代を考え、65歳から95歳の30年間で不足する生活費を計算してみると、2340万円にもなります。60歳からの不足額270万円を加えると、今の暮らし方のままでは2,610万円の生活資金が必要だということになるのです。

現状の貯金額1,700万円では、到底足りない金額です。では、ここからどのように生活を立て直していくとよいでしょうか。