はじめに

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは、AI(人工知能)や金融アルゴリズムを生かした資産運用サービスのことです。

投資一任口座を開設した後、ニーズに合った運用プランを選択し、AIや金融アルゴリズムを利用した自動運用によって、低コストである国内外のETF等を利用した国際分散投資が可能となります。

利用者には、(1)金融の知識がなくても、オンライン上で簡単に資産運用を始められる、(2)1~10万円程度から投資が可能、(3)証券会社が提供するラップ口座と比較すると手数料が安い、といったメリットがあります。

今回はこのロボアド市場の注目企業について解説します。


ロボアドの潜在市場規模は約30兆円

投資一任型ロボアドの潜在市場は、30兆円程度と考えています。20~50代が有する個人金融資産約650兆円のうち、5%程度に相当します。60代以上が有する個人金融資産の約1%弱がラップ口座で運用されており、20~50代の資産形成層におけるロボアドのニーズは旺盛であると考え、5%程度まで拡大余地があると考えました。

ロボアド最大手であるウェルスナビ(7342、東マ)の運用資産残高は5,500億円(21年9月)であり、上位三社のサービスを合計(WealthNavi、THEO、楽ラップ)した残高も1兆円弱であることを踏まえると、依然として成長市場と言えます。