読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、社宅に住む会社員の女性。あと7年で社宅を退去しなければならない相談者。現在は結婚するかしないかはわからない状況だといいます。社宅退去後の住居は、賃貸と購入、どちらがメリットがあるでしょうか? FPの坂本綾子氏がお答えします。

こんにちは。未婚の39歳女性です。年収は、1,000万円を超えたのですが、お金に関する不安が拭えず、ご相談をさせていただきます。

現在、新卒から同じ会社で勤務しており、会社の社宅に住んでおります。会社の社宅は、あと7年は住むことが可能で、おかげさまで、住居費は安くすんでおります。ただ、いつかは退去しなければなりません。もし、自己都合(結婚など)で退去した場合は、再度、社宅を利用することは不可です。

いつか結婚するだろうし、その時退去するだろう。と考え、住宅のことはあまり考えていなかったのですが、結婚の予定が明確でない点、親も70歳になり、入院したこともあり(現在退院)、今後の介護も心配となってきました。

現在の住宅から、実家までは電車(2回乗り継ぎ)やバスで1時間です。どこかのタイミングで、より実家が近いところに、転居や、マンションを購入した方が良いかと考えております。マンションは中古でもよく、3,000万ぐらいを検討しております。

一方、年収は高いのですが、思った以上に税金を取られる点と、激務で定期的に精神的に参ってしまう状況があり、定年まで務めるのは厳しいのではないかと考えております。そのため、50歳前には、年収600万円ぐらいまで下げてでも、自分の時間を取れる仕事にシフトしたいと考えております。

具体的に、いつぐらいにマンション購入を考え、頭金はどれくらいを考えておいたほうが良いでしょうか。また、マンション購入の際は、税金や管理費もかかるため、そのデメリットをどうリスク判断すべきでしょうか。ローンは、転職前に組むべきでしょうか。

また、今回、質問を投稿するにあたり、お小遣いという概念がなく、毎月貯蓄ということもしておらず、見直す点にも気づきました。住宅についてもですが、専門家として、注意した方が良い点もお気づきになりましたら、アドバイスいただけると幸いです。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、会社員
・同居家族について:社宅暮らし
・お住まいの都道府県:大阪府
・住居の形態:社宅(大阪府)
・毎月の世帯の手取り金額:40万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:180万円
・毎月の世帯の支出の目安:約35万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万円
・食費:6万5,000円
・水道光熱費:1万2,000円
・教育費:5万円
・保険料:2万円
・通信費:1万5,000円
・お小遣い:約10万円
・その他:5万円

【資産状況】
・現在の貯金総額(投資分は含まない):700万円
・現在の投資総額:1,620万円(毎月、会社の株[イギリス]を10万円購入[配当1〜2%]。確定拠出年金5万5,000円の投資。NISAは年間120万投資できるよう投資。資産としては、会社株500万[日本円換算]、日本国内株550万、投資信託300万、預金700万、債権100万、外貨建て保険200万[豪ドル]を持っています。[確定拠出年金の金額は、上記に含みません])。
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ