はじめに

住宅ローンについては、完済時の上限年齢を80歳未満と決めている金融機関が多数を占めています。40代後半で賃貸暮らしの場合、ローンの返済上限年齢を考えるとマイホームを一刻も早く購入したほうがいいのか悩むことはないでしょうか。今回は新築マンションを購入するか悩まれている48歳会社員のケースから考えます。


コロナ禍で新築コンパクトマンションの購入を検討することに

私は日頃からファイナンシャルプランナー(以後FP)として活動していますが、住宅購入に関する相談の機会も多くあります。住宅は数千万円といった高額な買い物ですから、ライフプランを含めて横断的に考えて判断する必要があります。

新築コンパクトマンションのモデルルームを見学して購入を前向きに検討しているAさんの相談事例をお伝えします。

既にAさんは住宅ローンの試算を行い、仮審査もパスしている状況でした。購入に向けて順調に進んでいたのですが、本当に購入しても大丈夫なのか、中立的なアドバイスが欲しいと連絡がありました。

売主のマンション販売会社からは、専属のFPに相談できますよと紹介されたものの、購入したほうがいい結論ありきになってしまうのではないか、と躊躇されたそうです。

Aさんの状況と住宅購入プラン

千葉県内で賃貸暮らしをしているAさんは、都内の職場に通う48歳の会社員。とはいっても、ここ1年半はコロナ禍で自宅でのテレワークが続いています。今後は出勤体制に戻ることになりますが、テレワークが完全になくなるわけではありません。今の住まいに特段の不満はないものの、仕事から帰って寝るだけの頃に比べると、もう少し快適な住空間で過ごしたいと思うように。

具体的にはワークスペースと生活空間を分けたいと思っていたところ、近所に新築マンションのショールームができたのです。興味本位で訪れたのですが、狭いながらも工夫を凝らした間取りや分譲仕様の設備を見て、気に入ったこともあり住宅ローンの試算をしてもらいました。

住戸の広さは36平米、販売価格は約3,000万円。住宅ローンの借入額を2,720万円として試算してもらうと、月々の返済額は約7万6,000円(提携銀行の変動金利(10年固定型)0.475%で算出)で、現在の家賃と同額です。しかし、頭金やローンの諸経費などの支払いを合わせると結構な現金が必要になることが分かり不安が大きくなってきたそうです。

[PR]不動産投資、住宅ローン、リフォーム等、不動産の"わからない"を自分で学んで判断できるように