はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、56歳、独身の会社員の方。老後資金があまり貯められていない状況のなか、役職定年で給料が2割減。あと13年残っている住宅ローンを支払い続けるのに不安があるといいます。今から何ができるでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


56歳、独身です。老後の生活に向け、3年前に中古マンションを購入しました。価格は1,160万円、頭金に200万円を入れ、960万円のローンを16年間で組みました。69歳で完済です。

55歳の役職定年で、給料は2割強下がりました。それでも今のところ、毎月の返済はできています。ですが、固定資産税が重く感じますし、老後、支払いを継続できるのか心配です。

また、もともとお金はあるだけ使ってしまうほうで、貯金ができません。老後資金はもちろん、繰り上げ返済用の貯金もできず、困っています。

老後は住宅だけなんとかできれば、年金で暮らしていけるのではないかと考えています。そのため、なんとか住宅ローンを完済し、安心した老後を迎えられるようにしたいです。貯金の仕方、ローンの返済の仕方を教えてください。

【相談者プロフィール】
・56歳、会社員、男性、離婚歴あり、子ども独立済み
・手取り収入月収20万2,000円、年間ボーナス約40万円
・貯蓄額:貯金約80万円、企業型DC約280万円(定期預金)退職金となる予定
・毎月の支出の目安:19万4,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン+管理費):5万8,000 円
・食費(外食含む): 3万2,000 円
・水道光熱費(電気・水道): 1万4,000 円
・通信費(スマホ1台・ネット回線):2万5,000 円(ゲーム課金、キャリア決済が多い)
・生命保険料:4,000 円
・日用品代:5,000 円
・医療費:2,000 円
・交通費:5,000 円
・被服費:2,000 円
・交際費:3,000 円
・娯楽費:4,000 円
・し好品(たばこ):1万5,000 円
・その他:2万5,000 円

FP:終の棲家を手に入れるための住宅ローン返済も大切ですが、老後資金も多くはないことから、老後の暮らし方なども合わせて検討を始めたほうがよさそうです。また、働けるうちに老後資金を増やすことも考えていきましょう。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]