はじめに

今年も残すところ1ヶ月と少しになりました。日経平均は11月24日終値時点で2万9千円台ですが、筆者は年内にも3万円を回復するとみています。その理由を解説します。


日経平均の今期予想EPSが急落した要因

上場企業の4~9月期の決算発表が一巡しました。決算発表前半は上方修正する企業が相次ぎ、それを反映して日経平均の今期予想EPSはじわりと増加していきました。日本経済新聞が「企業の今期増益率45%、再び上振れ」と報じたのは11月7日のことです。その時点の日経平均の予想EPSは大きく上振れて2,180円弱に達しました(【図表1】の(1))。

ところが一夜にしてEPSは2,026円まで急低下しました(【図表1】の(2))。その理由はソフトバンクグループ(以下、SBG)の業績予想が下方修正されたからです。SBGが8日に発表した決算で2021年7~9月期の最終損益が3,979億円の赤字となりました。これを受けて通期の純利益予想は一気に2兆5,000億円も下方修正されたのです。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を