はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、45歳独身、会社員の女性。現在は会社所有の物件に住んでいますが、再来年には退去しなければならず、マンション購入について悩んでいます。相談者の収入で買えるマンションはいくらでしょうか?また老後にはいくら必要になるのでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。


独身アラフォー会社員ですが、老後資金としていくら必要でしょうか。

現在の資産は、貯蓄額620万、投資信託・株で120万円程です。iDeCoには加入済みで、毎月2万3,000円を拠出しています。退職金は65歳まで勤めても200万程です。保険はがん保険のみ加入しています。

現在会社の住居に住んでいるため住居費は1万円程ですが、再来年には退去しなければならず家賃が発生しますので、貯蓄できる額が減ってしまいます(場所によりますが6万円程)。

老後のための持ち家(マンション)を購入したいですが、頭金も少なくローンを組むのもこの年収で一人のため躊躇します。老後の住居を確保したいですが、生活のための貯金も必要なためいくら貯蓄が必要でしょうか。

以前病気にかかり働けない期間があり、年齢に対して貯金額があまりありません。一人身で家族もおらず資金や住居に関し頼れる人はいません。アドバイスよろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、45歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(大阪府)
・毎月の世帯の手取り金額:22万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出の目安:14万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:1万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万2,000円
・教育費:5,000円
・保険料:5,000円
・通信費:9,000円
・お小遣い:2万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):620万円
・現在の投資総額:120万円
・退職金:200万程予定(中退共加入)

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。

独身40代女性からの老後資金準備のご相談です。40代になると、特に独身の女性の方からの将来の住宅に関するご相談や、老後に関するご相談が増えてきます。これまで、お仕事などを頑張って取り組んできた中で、ふとご自身のプライベート面の将来について考えるタイミングなのだと思われます。ご相談者も、これから住宅購入するべきなのか、リタイアまでにどれだけ準備しておく必要があるのかについて悩んでいます。今回は、独身女性のリタイア後の生活準備について考えていきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]