はじめに

30代半ばになり学生時代の友人や社会人になってからの知人と話をすると、「家を買うか、賃貸にするか」「戸建てにするか、マンションにするか」の話題が増えてきます。やはり結婚や子どもが生まれるなど住環境をどうすべきかを真剣に考える機会が増えるからでしょう。最近気になるのは「いまマンション買ったら儲かる?」と聞かれることです。今回は最新のマンション事情をテータとともに確認しながら、注意しなければいけないことを共有したいと思います。


なぜマンション価格が上昇している?

いま首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の新築マンション価格が高騰しています。不動産経済研究所の発表によると、2021年の上半期(4~9月)の首都圏新築マンション1戸当たり平均価格は前年同期比10.1%増の6,702万円となり、比較可能な1990年度以降で最高になっています。つまり、日本がバブルに沸いていた時よりも新築マンションの価格が高くなっているのです。

コロナ禍にもかかわらず、なぜ価格が高いのか不思議ですね。理由はいくつもありますが、1つ目の理由は土地の確保ができないことです。これだけマンションの価格が高いのであれば、不動産業者からすればどんどんマンションを建てて売りたいところですが、都内では銀座をはじめ土地開発が一巡してしまったこともあり、土地の確保が難しくなっているのです。その結果、東京23区の住宅地の平均価格も上昇傾向にあります。

また、需要が高いにもかかわらず、首都圏では新築マンションの供給戸数が減少傾向にあるため、需給バランスの問題で新築マンションの価格が更に上昇しやすくなってしまっているのです。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう