はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、妻37歳、夫53歳のDINKs夫婦。夫が60歳で定年退職するタイミングで、地方に移住したいと考えている相談者。移住先では夫婦ともに働かずに暮らすことを希望していますが、夫婦揃ってリタイアすることは経済的に可能でしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


私37歳、夫53歳の歳の差があるDINKs夫婦です。夫の定年退職のタイミングで、地方に移住したいと考えています。移住先では働かないことを前提に、数年前から本格的に貯蓄に取り組んでいます。

ただ、夫の定年退職時点で自分(妻)はまだ40代なので、老後資金の観点から、夫婦揃ってリタイアすることに経済的な不安があります。同時リタイアをしても老後の生活は賄えるのか、それとも、自分は働き続けてもっと貯蓄を増やしてから移住に踏み切るべきか、それとも、同時リタイアで移住し、移住先でパートなどをしながら暮らすのが良いのか、アドバイス頂ければ幸いです。

子どもを持つ予定は今後もありません。夫の定年退職は7年後(60歳)、移住先で住宅(3,000〜4,000万円程度)を一括購入、リタイア後の生活費は年間400万円程度を想定しています。

【相談者プロフィール】
・女性、37歳、会社員、月収手取り40万円
・夫、53歳、会社員、月収手取り60万円
・住居の形態:賃貸(神奈川県)
・毎月の世帯の手取り金額:100万円(給与以外の収入はなし)
・年間の世帯の手取りボーナス額:300万円(夫180万円、妻120万円)
・毎月の世帯の支出の目安:70万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:20万円
・食費:12万円(外食含む)
・水道光熱費:2万円
・保険料:1万円
・通信費:3万円(携帯料金×2、ネット、新聞、NHKなど)
・お小遣い:20万円(各10万円ずつ、平日ランチ代や交際費、服飾費など)
・その他:日用品1万円、交通費1万円、娯楽費(主に旅行・帰省の月割分)10万円
・毎月の貯蓄額:30万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:250万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,000万円(銀行普通預金)
・現在の投資総額:3,000万円(投資信託)
・現在の負債総額:住宅ローン、奨学金なし
・老後資金:
 年金/夫月20万円、妻月10万円
 退職金/2人で2,000万円(同時リタイアの場合)と仮定

飯田:今回は、歳の差DINKs夫婦の妻からの相談です。夫の定年退職を機に、地方に移住を考えているようですが、夫婦揃ってリタイアすることに経済的な不安があるとのこと。現在のお悩みとしては、同時にリタイアをしても、老後の生活は賄えるのか、それとも、ご本人である妻は働き続けてから移住するべきか。その他、移住先で働いた方が良いのか知りたいとのことです。今回の歳の差DINKs夫婦の場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。また、地方に移住するとき、気を付けておくべき点についてもお話しします。