はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、3人の子どもと夫と暮らす38歳専業主婦の方。毎月、夫の手取り月収40万円をほぼ使い切ってしまう状況で、貯金ができないと悩んでいます。これから子どもの中学受験に備えて貯めていきたいと言いますが、改善ポイントは? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


子どもが3人いる主婦です。毎月の家計が赤字で、貯金ができません。

収入は夫だけの一馬力。それでも、少ない方ではないと思っています。子どもに必要だと思うお金はかけられていますし、節約すべきところは節約しているつもりでいます。

上の子は、もう少しで小学生。2年ごとに小学生に上がっていきますし、少しずつ「貯め期」に移行する時期に入ると思っています。この期間にお金をしっかり貯め、子どもを私立中学校に入れたいと思っていますし、その後は大学まで進学させることも考えています。また、マイホームの購入も目指していきたいです。

お金を貯めたい意欲はあるものの、支出のコントロールは上手くできず、なかなか家計は改善できません。

本当は、将来に向け投資も検討したいところなのですが、まだその段階にないと思うので、まずは家計の改善についてご指導いただきたいと思っています。

【相談者プロフィール】
・相談者/38歳、専業主婦
・夫/39歳、会社員
 子ども/長男(幼稚園年長)、次男(年少)、長女(2歳)
・手取り収入:月収40万3,000円、年間ボーナス約50万円(冬1回のみ)
・貯金額:約80万円
・毎月の支出の目安:40万2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(社宅家賃+管理費):4万4,000円
・食費(外食含む):9万4,000円
・水道光熱費: 2万2,000円
・通信費(スマホ2台・ネット回線):1万4,000円
・生命保険料:0円
・日用品代: 2万1,000円
・医療費:1万円
・教育費: 11万8,000円
・自動車関連費:3,000円
・交通費:2,000円
・被服費:3,000円
・交際費:5,000円
・娯楽費 :1万円
・こづかい: 2万円
・その他: 3万6,000円

FP:お金が貯まらないことに悩んでおられるのですね。家計状況をざっと見ると、食費と教育費が突出している印象です。この辺りのコントロールが、家計改善のカギとなるかもしれません。