はじめに

「老後2000万円問題」本当に必要な金額は? 今回はDINKS(ディンクス)夫婦ともに30代(35歳)、共働き、子供なしのパターンを考えてみましょう。シングルのパターンと同様、必要となる将来の貯蓄額(目標金額)を「現在の貯蓄額平均」「収入・支出」「定年(65歳)までの期間」をポイントとして見ていきます。


共働き「ダブルインカム」は強い!

男女ともに30代であれば、職場の中でもある程度のキャリアを積んでいる年代。役職がついている人も少なくありません。収入もある程度安定している人も多いでしょう。

「ダブルインカム」の状態ですから、そもそもの収入が低い20代シングルや、教育費のかかるファミリーと比較すると、圧倒的に貯蓄はしやすそうです。

国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査結果」年齢階層別の平均給与を見ると、30代の平均給与は男性499万円(30代前半:470万円、30代後半:528万円)、女性(30代前半:370万円、30代後半:410万円)となっています。

それぞれの平均年収を足せば【894万円】。仮に税金で年収の25%が取られたとしても手取りは約670万円です。貯蓄をしながら、プライベートも充実させられそうです。

さらに、金融広報中央委員会が出している「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」を見ると、30代世帯の金融資産保有残高平均額は【644万円】(中央値:423万円※1)、金融資産を保有していない世帯を含めても【591万円】(中央値:400万円※1)となっています。

二人以上世帯、なので必ずしもDINKSではありませんが、仮に子供がいてもこの金額を貯められているとすれば、子供のいない世帯ではもう少し平均や中央値が高くなるとみてもいいかもしれません。

参考までに「世帯類型別」の世帯主夫婦のみ(年代の区分けはしない)で見ると【1,756万円】(中央値:900万円※1)にもなります。

40代、50代のDINKSも含まれているので、30代でこの金額にはならないでしょうが、「貯める力」があることに変わりはありません。

※1「中央値」年収が低い順(高い順)に国民を並べたときに丁度真ん中になる人の年収を表しているため、一部の富裕層の年収は中央値に影響せず、中央値は「普通の人」の生活水準により近くなる。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう