はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、妻と3人の子どもと暮らす44歳会社員の方。親から譲り受けた家が老朽化してきたため、建て替えを予定していますが、ローンや3人の子どもの学費を支払っていけるのか不安があるといいます。ローンを組む前に考えておかなければいけないこととは? FPの渡邊裕介氏がお答えします。


親から頂いた持ち家(ローンなし)で暮らしていますが、老朽化のため、ここ数年で建替えを検討しています。

ただ、現在の収入が低く、家の建替えローンや、子ども3名の学費を支払っていけるのか心配です。また、この状況で老後の備えはどの様にすればよいかアドバイスをよろしくお願い致します。

世帯主が働く会社は完全固定給となっており、退職金はありません。現在の収入は、世帯主の稼ぎと投資(日本株・新規公開株IPO抽選)が主となります。また来年より妻が扶養内で働く予定となっております。

【相談者プロフィール】
・相談者:男性、42歳、会社員。現在働いているのは世帯主一人です。
・妻:41歳。来年からパートに出る予定です。
・子ども:3歳、9歳、12歳
・住居の形態:持ち家(戸建て・近畿地方)
・毎月の世帯の手取り金額:27万5,000円
・毎月の世帯の支出の目安:17万円

【毎月の支出の内訳】
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円
・保険料:1万2,000円
・通信費:1万2,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:2万円
・その他:4万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,600万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:0円

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。ご自宅の建替えのご相談です。親から譲り受けた住宅が古いため、建替えを検討されていますが、まだお子さんも小さいため、現在の収入と貯蓄で建替えのためのローンの返済と教育費が準備できるかどうか、老後の備えをどのように行えば良いのかとのことです。