はじめに

主要な金融商品の2022年相場について専門家に聞く年始特別連載、第2回目は「米国株」です。米国ではインフレへの警戒感が高まり、株価の先行きは不透明となっています。今年はどうなるのか、大和証券の壁谷洋和・チーフグローバルストラテジストに解説いただきます。


2021年は山あり谷ありでも株価最高値更新

2021年も新型コロナの感染動向に振り回される1年でしたが、米国の株式相場はおおむね堅調な推移を辿りました。

夏場のデルタ株、足元のオミクロン株など変異種の感染拡大によって、相場の変動性が高まり、株価が調整する場面もありました。しかし、ワクチン接種と治療薬の開発の進展で、株式市場に極端な悲壮感が漂うようなことはなかったように思います。

むしろ、コロナ後の経済正常化を見据えた市場参加者の期待が、相場を押し上げた面が指摘でき、米国株は12月にも最高値を更新しました。まさに山あり谷ありの1年と振り返ることができます。

2022年もコロナとの闘いが続くと見込まれますが、その一方で金融政策は正常化が進められていく見通しです。それが株価の重石になる可能性は否定できませんが、いずれまた経済が本格的な再開に向かい、景気が上向けば、株価は上昇基調を取り戻すと想定されます。

2022年の米国株式市場は、withコロナのもとでの金融引き締めに向き合いながらも、ファンダメンタルズの改善に見合った、適度で健全な相場の上昇は期待できそうです。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を