はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、高齢の両親と1人のお子さんと暮らす50代夫婦。両親の他界後には、車がなくても暮らせる地方都市に移住したいと考えていますが、住まいは賃貸と購入、どちらがよいでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


同居の親(2人とも82歳)が他界後、田舎から地方都市へ転居したいと考えていますが、賃貸と中古物件購入、どちらがよいでしょうか。

購入なら2,500万ぐらいまで購入可能でしょうか。転居理由は、老後、車がなくても生活できる場所で生活したいため。転居する際は、実家は売却するつもりです。実家は築25年、ローンなし。子どもとの同居予定はありません。

子どもは、私立大文系自宅外通学予定。仕送りは月10万程度と考えています。年金は直近定期便のデータでは、夫140万円、私160万円。子どもが社会人になったら、60歳で2人ともリタイアを希望しています。

【相談者プロフィール】
・相談者:53歳、会社員
・夫:54歳、会社員
・子ども: 16歳
・同居義父母:2人とも82歳。援助はなし
・住居の形態:持ち家(戸建て・東北地方)
・毎月の世帯の手取り金額:夫30万円、私30万円(ただし、3年後から年収が70%に減額される)
・ボーナスの有無:あり
・年間の世帯の手取りボーナス額:195万円(夫15万円、私180万円)
・毎月の世帯の支出の目安:37万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:固定資産税7,000円
・食費:9万円
・水道光熱費:6万円
・教育費:6万円
・通信費:1万3,000円
・車両費:1万3,000円
・お小遣い:4万円
・その他:医療費1万円、交通費1万円、日用品2万円、その他雑費

【年払いの支出】
・自動車保険:9万円
・火災保険:13万円
・夫養老保険:25万円(65歳まで払い込み)
・私医療保険:20万円(60歳まで払い込み)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:160万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):7,500万円
・現在の投資総額:夫確定拠出年金90万円(月2万3,000円)、私確定拠出年金340 万円(月4万6,000円)、持株約350万円
・現在の負債総額:ローンなし
・退職金:夫/不明、定年なし。私/定年60まで勤務すると1,000万円

飯田:今回は、セカンドライフを送るとき、田舎から交通の便や利便性を考えて地方都市へと転居したいと考えている53歳の相談者様です。その際の住まいは賃貸か中古物件を購入するかどうかをお悩みのようで、ひとつ年上の夫とともに60歳でリタイアしたいという思いをお持ちです。

ただ、ご両親が健在のため、ご両親が旅立った後をタイミングとし、現在、子どもさんが16歳であることから、社会人になるまでは学費や仕送りをする必要もあるとのこと。今の住まいは売却予定とのことですが、相談者様の場合、新たな住まいを賃貸にするのか、中古物件を購入するのか、どちらがいいのでしょうか。決めるときには、どのような点に注意して判断するべきなのでしょうか?