はじめに

いわゆる生命保険と言えば、死亡保険、がん保険、医療保険など、いくつかの種類を思い浮かべます。それは、被保険者(保障の対象となる人)が、「どのようなアクシデントが起きたら保険がおりるか」に応じて選択をします。

では「ドル建て終身保険」とは、どのようなものでしょうか。上記と比べて説明をするならば、「アクシデントの種類」を選択するのではなく、「支払う保険料や、受け取る保険金・解約返戻金がドル(米ドル・豪ドルなど)で決済される保険」という意味になります。

ある程度の基礎知識がなく、使い方を知らずに無計画に加入をしてしまうと、思わぬデメリットに直面するかも知れません。リスクを知って有効に使えばメリットになり得ることもあります。

今回は、「ドル建て終身保険」についての仕組みと、メリットとデメリットと具体的な活用方法を解説します。


ドル建て終身保険とは?

ドル建ての終身保険とは何か?を考える前に、そもそも「終身保険」とは何かを説明します。

終身保険

終身保険の特徴を簡単に説明すると以下の3つです。

保険を検討する場合、ご自身のライフプランに合わせて、どのような期間、どのような種類の保障を、どのくらいの期間で払い込むのかを考えます。

終身保険は、一般的には、死亡保険やがん保険が不要になったタイミングで保険を解約すると、解約返戻金を受け取れます。加入年齢や払込期間にもよりますが、払込保険料(自己負担額)を上回って、解約返戻金を受け取れるよう設計することが可能です。

また払込期間は長いほどに月々の保険料が安くなるのに対し、短くなればなるほど高くなるのが一般的です。(払込期間10年>30年)

例えば、10年間で払い込みを終えてしまおうと計画し、払込後は自分の資産を「保険」という形で保有をする、という考え方も出来ます。

ドル建ての終身保険も、基本的な構造は同じです。

大きな違いは、多くの場合、月々の保険料がドルで設定されているため、毎月払い込む保険料が為替の影響を受けて増減します。また、受け取る保険金や解約返戻金もドルで設定されているため、受取時にも為替の影響を受ける、というのが特徴です。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]