はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、53歳、専業主婦の女性。夫が他界し、遺族年金と定期保険の収入で暮らす相談者。地方の介護付き老人ホームに入居を希望していますが、いくらあれば可能なのでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


53歳、専業主婦です。夫は他界しており、遺族年金と定期保険で暮らしています。子ども2人は同居していますが、経済的には独立しています。

老後は、地方の介護付き老人ホームで暮らしたいと考えておりますが、入居できるでしょうか?

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、53歳、専業主婦
・同居家族:
 23歳大学院生(奨学金+授業料免除+給料13万)
 21歳、会社員、月収15万円 
・住居の形態:持ち家(戸建て・関東)
・毎月の世帯の手取り金額:26万5,000円(遺族年金11万5,000円+定期保険68歳まで15万円)+会社員子ども収入15万円。ただし母親の収入のみでの生活
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:6万円
・通信費:1万円
・お小遣い:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,500万円 (うち1,000米ドル建介護保障型終身保険)
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円
・公的年金:65歳から13万円

飯田:今回は、地方暮らしを希望している相談者様です。そのために、老後を過ごすためのベースとしての介護付き有料老人ホームへの入所を希望しているようです。入居資金を貯めたいとお考えの相談者様ですが、どのような点に注意していけば良いのでしょうか。