はじめに

みなさんはマイナンバーカード、作りましたか?

最近では国民の3分の1が持っているといったCMを目にすることも。2021年12月6日時点の普及率は40%に届いたそうです。作成することで貰えるポイント(直近であれば最大2万円分)もあるので、ご自身の普段の生活圏で使えるポイントと交換して使うのもいいですよね。政府も普及促進のために1.8兆円の予算を計上する鳴り物入りの事業です。

では、実際にマイナンバーカードを取得するとどんなメリットがあるのでしょう。最大2万円分のポイントはまず最初に受けることができるメリットですが、それ以外でも、私たちの生活は便利になるといわれています。

しかし実際に使ってみたものの、うまく使えなかったという人も。失敗した筆者の知り合いの事例を取り上げて考えてみましょう。


印鑑証明を取りに近所のコンビニに向かうも…

マイナンバーカードを持っている知り合いのAさん(以下Aさん)は、印鑑証明書を取りにコンビニに行ったそう。実際に書類を取ったことはなかったものの、店員さんに聞けば大丈夫だろうと特に調べずに向かったといいます。

各コンビニにおいてあるマルチ端末の画面をのぞいてみても、それらしき項目は見当たりません。Aさんは店員さんに声を掛けます。

Aさん「この端末で印鑑証明取れますよね?」
店「取れると思いますよ、やりかたわからないですけど……」

結局、その場でスマホを使って調べると、マルチ端末ではなく「コピー機」で取れることがわかりコピー機へ。ステップ通りに進み暗証番号を入れたのですが、3回間違ってしまい、なんとロックが。その日彼は印鑑証明を取ることができませんでした。

次の日、ロックが解除されたと思い、改めてコンビニに向かいます。昨日と同様の手順で今度は正しい暗証番号を入れるも「ロックされているので区役所にお問い合わせください」の文章が。

電話で問い合わせてみると「暗証番号のリセットが必要なため、役所までお越しください。リセット後24時間経つと再度利用いただけます」とのこと。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ