はじめに

今後オンライン手続きが可能に

そのほかにも、マイナンバーカードを取得し「マイナポータル」にログインすることで、これから本格的に運用が開始されるであろう、コロナワクチンの接種証明書の申請や、セカンドライフにおいて収入の柱である年金支払額や振込予定日等の給付情報の閲覧など、さらにさまざまな手続きがオンラインで可能になります。

特にこのコロナ禍で人を介さずに必要な手続きが済ませられるのは安心ですよね。


すでに国民の4割が取得しているマイナンバーカード。

現状では便利になる、というわけではなく「手段が増える」という程度で考えておくのが良いかもしれません。しかし、これから取得者が増えることにより、行政のサービスもより一層手厚くなる可能性は十分に考えられます。

まずはお得に取得ができるこのタイミングに手続きをしてみてはいかがでしょうか。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[MF]

この記事の感想を教えてください。