はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳、専業主婦の女性。主に夫が家計を管理していますが、唐突に高額な支出をしたり、金額よりも付き合いにこだわってローンや保険を決めてしまうことに不満を持っているといいます。どうすれば夫と協力して家計を改善できるでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


主に夫が家計を管理しているのですが、無駄が多いような気がしてなりません。これから教育資金、老後資金などを貯めていかなくてはならず、余分にお金を使っている場合ではないと思うのですが、予定もしていなかったのに急に家の外壁の修理に150万円も使ったり……。何を考えているのかわかりません。

夫は、住宅ローンは「工務店さん紹介の金融機関だから」と2%近い金利でローンを組み、借り換えを提案しても応じてくれません。生命保険もしばらく見直していないので、見直すべきだろうというと、「知人から入ったから変更はしない」と。

人付き合いを大切にしているのでしょうが、このままだと支出ばかりが膨らみ、家計がおかしくなってしまうのではないかと不安です。

私は毎月の生活費として12万円を受け取るだけなので、収入や支出、貯金額などお金の全体的なことが分かっていないことも不安になる原因かもしれません。ですがそれ以上に、ムダな支出が多いような気がしてならないのです。

夫の考えを変化させるには、どのように働きかけると良いでしょうか。また、実際、我が家の家計は問題がない状況といえるのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・相談者:44歳、専業主婦
・夫:50歳、会社員 ・長男:11歳、小学5年生
・手取り収入:月収35万4,000円、年間ボーナス約130万円
・貯蓄:預貯金約250万円
・毎月の支出の目安:36万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万7,000円(駐車場、管理費)
・食 費:6万8,000円
・水道光熱費:2万円
・通信費(スマホ2台、ネット回線):1万8,000円
・生命保険料:2万4,000円
・生活日用品:1万2,000円
・医療費:8,000円
・教育費:3万6,000円
・交通費:8,000円
・被服費(クリーニング代含む):5,000円
・交際費:3,000円
・娯楽費: 5,000円
・小遣い:5万円(夫4万、妻1万円)
・その他:1万6,000円(新聞・NHK・理美容など)

FP:夫婦別財布の家計管理なので、互いの支出状況が見えづらく、家計の全体を把握できていない状況のようですね。どのようにすれば夫と協力体制をつくっていけるのか、一緒に考えてみましょう。