はじめに

毎月の支出を抑えられたら、積立投資デビューを

現在の貯金800万円は、十分「生活防衛資金」になりますし、ご両親の介護などが必要になった時の資金としても使えます。現金の備えは十分だと思えます。さらに、毎月の支出をコントロールできるようになり、毎月余剰金を出せるようになったら、投資を始めることを考えてよいと思います。ご相談者はすでに投資を意識されているので、家計状況によっては、口座を開設するなど動き出してもいいでしょう。

投資は初心者だと思いますから、取り組むべき投資は「長期・分散・低コスト」を意識した投資信託の積立がよいと思います。特に、税制優遇のあるiDeCo、つみたてNISAなどの制度を利用するとよいですね。

iDeCoは60歳になるまで引き出せませんが、老後資金作りには最適。つみたてNISAはいつでも引き出せるので、60歳前に資金が必要になる可能性に備えるにもよい制度です。それぞれの特徴を学び、目的に合ったほうを利用してください。

余剰資金に余裕が出たら、NISAとiDeCo、両方に取り組むのもあり

家計改善が進み、毎月の余剰金が多く出るのであれば、両方に取り組んでもらうのがよいと思います。両制度は、なんといっても運用益に税がかからず、増えたら増えただけ自分の利益になるところが強みです。掛け金の上限をめいっぱい使えば、非課税の運用の恩恵を最大限受けられるというわけです。

今回は制度の詳細説明は割愛しますが、まずは家計の改善を目指して、その余剰金で積立投資をするという段取りで、家計改善、資産形成に努めていただければ、老後資金作りは間に合うのではないかと思います。ぜひ、頑張ってください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。