はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、37歳の会社員の女性。新婚で、これから貯金を頑張りたいという相談者。そこで、夫婦2人の生活費と、夫のお小遣いをどうやって決めたらいいか知りたいといいます。FPの高山一惠氏がお答えします。


新婚です。夫は貯金がほとんどなく、今から頑張って貯めたいのですが、夫婦二人の生活費と夫のお小遣いの金額の決め方を知りたいです。

近いうちに子どもを希望していて、子どもが小学校に上がる前ぐらいには持ち家を持ちたいと考えています。また、2年後に車を買い替える予定です。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、37歳、会社員、年収250万
・夫:32歳、公務員、年収580万ぐらい
・住居の形態:賃貸(九州地方)
・毎月の世帯の手取り金額:45万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:64万円
・毎月の世帯の支出の目安:38万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万5,000円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・保険料:1万4,000円
・通信費:1万7,000円
・車両費:3万円
・お小遣い:?

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):300万円
・現在の投資総額:96万円
・現在の負債総額:0円

高山:ご相談ありがとうございます。結婚すると、自分のお金だけではなく、夫婦での家計管理も考えなくてはいけなくなりますよね。現在のご自身の家計の状況がどうなのかを知るためには、平均値が参考になります。また、夫のお小遣いの決め方を知りたいとのことですが、お小遣いの金額の決め方は悩むところですよね。そこで今回はお小遣いの決め方の方法を中心にお話したいと思います。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]