はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳会社員の女性。50歳の夫と正社員で共働きで世帯年収は1,700万円ほどありますが、以前は扶養内で働いていたため、貯金が少なく、2人の子どもの学費と老後資金が足りるか心配されています。プロの意見は? FPの宮里惠子氏がお答えします。


子どもの大学資金を借りるべきでしょうか。

高校2年生と中学3年生の子どもがおり、大学費用の準備が差し迫っていますが、私たちは世帯年収から比べると貯金額が少なく、どうやって準備したらよいか悩んでいます。老後資金も足りるかどうか心配です。

現在。夫の年収は1,000万円ほど、私は年収700万円ほどありますが、貯金は400万円、投資総額は330万円です。また、住宅ローン残債が800万円ほどあります。

私が正社員として勤務を再開したのは6年ほど前からで、それまでは扶養内でフリーランスでしたが、4年ほど前から転職で私の年収が上がりました。現在は年間300万ほどの貯蓄(投資を含む)ができています。

このような状況ですが、アドバイスよろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・相談者:44歳、会社員、年収700万円
・夫:50歳、会社員、年収1,000万円
・子ども:17歳(高2)、15歳(中3)
・住居の形態:持ち家(マンション・関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:72万円(毎月夫から35万円、妻から37万円。家計は私が管理しています)
・年間の世帯の手取りボーナス額:150万円(夏:夫から50万円~、冬:妻から35万円、夫から50万円~)
・毎月の世帯の支出の目安:65万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:15万円
・食費:15万円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:15万円
・保険料:1万円
・通信費:3,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:3万円
・その他:衣類5万円、健康医療3万円、雑費10万円、母への仕送り5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):400万円
・現在の投資総額:330万円
・現在の負債総額:800万円(住宅ローン:物件購入額3,600万円、貸入額3,000万円、金利1.3%〈2015年7月に借り換え〉、返済期間35年〈2029年1月10日最終〉、残債800万円)
・老後資金:公的年金30万円、退職金300万円程(妻のみ)

宮里:家計を拝見いたしました。今は高収入だが、貯蓄額が少なく、これから子どもの教育費がかかる年齢に差し掛かり、大学進学資金をどうやって用意すればいいかというお悩みですね。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう