はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、38歳派遣社員の女性。結婚する予定で正社員の仕事を退職し、派遣社員になった相談者ですが、結婚の予定がなくなり、収入だけが半分になってしまったと言います。貯金もあまりないなか、どうやって将来に備えていけばいいでしょうか? FPの坂本綾子氏がお答えします。


結婚する予定で退職しましたがコロナになり結婚がなくなりました。もともと結婚して派遣社員で働く予定だったので、今は派遣社員として働いてます。

収入は、前職の年収より半分近く少なくなってしまいました。NISAもしたいのですが今は給料が少なくできそうにありません。貯金も無いし将来が不安です。どのように貯金を増やせばいいか教えてほしいです。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、38歳、会社員、独身
・同居家族について:
父/再雇用で工場勤務 母/専業主婦 妹/保育士 弟/一緒に住んでいるが関わりがなく何をしているのかわからないが、たぶん借金がありそう(消費者金融からのハガキが届いているのを見た)。介護や病気の家族はいません、家族の収入などは分かりませんが私と変わらないと思います。
・住居の形態:親の家で同居(近畿地方)
・毎月の世帯の手取り金額:約19万円(派遣社員で時給なので前後します、交通費込)
・ボーナスの有無:なし

【毎月の支出の内訳】
・毎月の世帯の支出の目安:13万円
・住居費:3万円(親に渡すお金)
・食費:なし
・水道光熱費:なし
・教育費:1万1,000円(習いごとに通っている。半年以内に退会する予定で、その分貯金するつもり)
・保険料:生命保険未加入
・通信費:1万5,000円(両親の分と合わせてスマホ3台分、1年後には分割代金がなくなるので1万2,000円くらい)
・車両費:3万4,000円(駐車場、ガソリン、保険)
・お小遣い:5〜6万円(化粧品、日用品、洋服、交際費)
・その他:交通費6,000円(定期代)、税金8,000円(住民税)、美容2万3,000円(美容室とネイルサロンで母親の美容室代も私が払うので1月で大体これくらいになります)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0
・現在の貯金総額(投資分は含まない):40万円(前職で貯金していた分)
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円
・老後資金:公的年金130万円/年(年金計算サイトで計算して大体これくらい貰えそうです)
・退職金:なし

坂本:コロナの影響で結婚がなくなったとのこと、大変でしたね。派遣社員となり収入が以前の半分近くに減ったのもつらいですね。とはいえまだ30代です。これから様々な可能性があります。将来の不安を解消する方法を考えてみました。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう