はじめに

ローコストということで個人に人気の高いインデックスファンド。最近のインデックスファンドの信託報酬率は年0.15%程度と、ETFと比べても遜色のない程度に下がっており、それが一段と個人からの人気を高めています。


インデックスファンドが人気化した理由

インデックスファンドとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの株価インデックスに限りなく連動した値動きを目指す投資信託のことです。ここ数年は、日本の株価インデックスよりも、S&P500やニューヨーク・ダウ30といった米国を代表する株価インデックスや、MSCIコクサイのような世界中の株式市場に分散投資したのと同じ投資効果が期待できる株価インデックスへの連動を目指すタイプが、個人の人気を集めています。

インデックスファンドがなぜ人気を集めているのか。理由は2つ考えられます。

第一は、「どんなアクティブファンドも長期的に見ればインデックスファンドに勝てない」と言われていること。第二は、アクティブファンドに比べて信託報酬率などのコストが極めて低廉であることです。この2つを主要因として、ここ数年、個人の間ではインデックスファンドブームが起きました。

インデックスファンドの成績が長期的見て必ずアクティブファンドよりも良いのかどうかについては、何とも言えません。アクティブファンドの中には、優れた運用者がいて、インデックスファンドを上回る成績を出しているファンドもあります。

ただ、優れた運用者が担当するアクティブファンドを見つけることができるのか、という点が非常に難しく、アクティブファンドは当たり外れが大きくなります。この点、インデックスファンドは市場平均のリターンを実現するために運用しているので、当たり外れがかなり小さいという特性を持っています。つまりインデックスファンドの方が選びやすいのです。

加えて、信託報酬率がかなり低廉です。現在、個人の間で人気が高いインデックスファンドの信託報酬率は、年0.15%程度です。これがアクティブファンドになると年1.5%~2.0%くらいかかりますが、このコスト差が最終的なリターンに及ぼす影響は無視できないという声も多く、インデックスファンドの人気に拍車をかけました。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介