はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、52歳独身の会社員の女性。無年金の母親の生活費を出しているため、毎月赤字でボーナスで不足分を補填する生活をしているといいます。そろそろ自分の老後の準備も始めたいといいますが、何から始めればよいでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


独身の会社員です。無年金の母と同居し、生活費の面倒を見ています。自分もそろそろ老後の準備をはじめなくてはいけないと思っているのですが、現状の家計は毎月1万円ほどの赤字。貯金が増やせません。ボーナスからの補てんでなんとか今ある貯金を減らすことなくやりくりできていますが、今後、母に医療、介護が必要になったら、貯金が減ることが目に見えています。

今の貯金は約700万円。将来的に退職金は800万~1,000万円見込めると聞いています。今のままで、自分の老後資金を蓄えつつ、母の医療介護費に備えることはできるものなのでしょうか。

改善できそうな支出、貯め方など教えていただきたいです。

【相談者】
・女性、52歳、会社員 ・母、78歳、無年金
・毎月の手取り収入:32万4,000円
・年間の手取りボーナス:約100万円
・貯金額:約700万円
・毎月の支出の目安:33万4,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万2,000円(ローン)
・食費:7万3,000円(外食含む)
・水道光熱費:2万1,000円
・通信費:1万3,000円(スマホ2台、固定電話、ネット)
・生命保険料:2万1,000円
・日用品代:1万円
・医療費:8,000円
・教育費:7,000円
・交通費:5,000円
・被服費:3,000円
・交際費:5,000円
・娯楽費:2万1,000円
・小遣い:4万円
・その他:1万5,000円

FP:お母様との生活費の負担で、貯金ができない状況なのですね。ご自身の老後資金を増やしたいのであれば、毎月の支出やボーナスの使い方を見直して、貯蓄に回せるお金を増やすことから始めるとよいでしょう。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]