はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、50歳独身の会社員の方。月の手取りは23万5,000円、現在の資産は1,000万円程度。毎月、個人年金も含めて5万3,000円プラス1〜2万円を貯蓄しており、将来は高齢者施設に入居しようと考えていますが、物件を購入したほうがいいか迷っているといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。


50歳独身の会社員です。老後のプランについて相談させてください。

毎月の貯蓄は個人年金も含めて5万3,000円プラス余剰分で1〜2万円しているのですが、年金と老後資金で人生100年時代を乗り越えられるか心配です。

生活レベルは今から縮小して年金で暮らせる程度まで慣れていこうと考えています。資金は減らしたくないので、70歳くらいまではパートでもいいので働き、70歳には老人ホームに入ろうと思っています。70歳までの賃貸暮らしと入居の資金を考えて、今の資金計画で、賄えますでしょうか?

それとも、賃貸ではなく70歳まで住めるような中古マンションを、65歳でローンを完済できるように購入したほうがいいか迷っています。アドバイスお願い致します。

【相談者プロフィール】
・女性、50歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:23万5,000円
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:17万2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万7,000円
・食費:2万3,000円
・水道光熱費:1万円
・保険料:2万円
・通信費:1万円
・お小遣い:7万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):600万円
・現在の投資総額:2万3,000円
・現在の負債総額:0円
・老後資金:公的年金が月12万円、退職金なし、個人年金はiDeCo350万円、農協とアフラック合計700万円

飯田:今回は、老後のプランを心配している50歳の相談者様です。生活レベルは、将来を見据えて、年金で暮らせる程度まで慣れていこうと考えているものの、70歳までは働く予定とのこと。その後は、高齢者施設の入所を希望していますが、70歳まで賃貸か、それとも65歳完済でローンを組み、中古マンションを購入し70歳まで住んで老人ホームへ入所する方がいいのか迷っているようです。相談者様の場合、70歳までの住居費用と高齢者施設へ入所するための資金計画に問題はないでしょうか。また、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう