はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、29歳、会社員の女性。実家暮らしで親に月3万の生活費を渡して生活している相談者。相続の関係で、将来持ち家から出る必要があり、住宅の購入を検討しています。相談者の計画はプロから見て現実的でしょうか? FPの三澤恭子氏がお答えします。


実家暮らし未婚で、毎月3万円を親に渡しています。実家暮らしですが、持ち家が故祖父名義のため財産分与が終わっておらず、父が亡くなってしまった時に実家にいられなくなることを考え、今から中古のマンションか中古一戸建ての購入を検討しております。

今後結婚の予定はありませんが、もしもライフプランに変更があった時用に中古のマンションを購入すべきでしょうか。また、私の場合、金額、エリア、駅からの距離、建築年数、建築会社など、どういうことに注意してどういうふうに住宅ローンを組むべきか、また住宅ローンは早くから(今すぐに)組んでいくべきなのでしょうか。

現在、将来に備え、以下のとおり貯蓄をしています。

毎月持株1万、iDeCo1万2,000円、変額保険3万円、個人年金1万円(米ドル)で投資信託と払込保険料が戻ってくる変額保険1万円、健康給還付給付金が戻ってくる保険に積立3,335円、掛け捨て835円に入っており、一時払終身保険に300万(米ドル)預け済、毎月の娯楽・携帯代は合わせて1万2,961円、退職金制度はDB、DC制度、現貯金額は300万円です。

また、投資信託で長期運用をすべく、毎月6万2,000円、保険金額プラスαが戻ってくる保険に毎月1万4,170円かけておりますが、これで老後安心できるのか不安です。恐れ入りますがご教示いただけましたらと思います。よろしくお願い致します。

【相談者プロフィール】
・女性、29歳、会社員
・同居家族について:父は個人税理系仕事、母はパート扶養内
・住居の形態:持ち家(戸建て、埼玉県)
・毎月の世帯の手取り金額:16万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:90万円
・毎月の世帯の支出の目安:1万5,000円
・住居費:3万円
・保険料:1万4,170円
・通信費・娯楽費:1万2,961円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:90万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):300万円
・一時払終身保険に300万(米ドル)預け済
・現在の投資総額:6万2,000円
・現在の負債総額:0円
・職金制度はDB,DC制度

三澤:ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。実家暮らしであるものの、持ち家が亡くなった祖父名義となっているため、「将来、住めなくなるのでは?」とご心配されているのですね。今からマイホームを購入すべきかどうか一緒に考えていきましょう。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう