はじめに

資産運用に対して、しっかりとした考え方がかなり広まってきた印象を受けます。多くの個人投資家がいわゆる「長期・分散・積立」に基づいて、つみたてNISAの非課税制度を活用して資産形成をしています。これはひとえに投資を啓蒙してきた方々の継続の結果だと思います。

しかし、一方で投資よりも前に身につけておくべきお金を守るという姿勢や考え方は未だに普及していないと感じることが多いので、今回は一般的なアプローチとは少し毛色を変えて投資について考えてみましょう。


続発する詐欺被害の実態

最近やたらと詐欺被害の話を耳にします。熊本県内では「介護保険料の還付金がある」という虚偽の電話をかけてATMで現金を振り込ませる還付金詐欺の被害が急増し、熊本県警察が注意を呼びかけています。また、滋賀県大津市では投資名目で約540万円をだまし取られた詐欺事件が発生しました。筆者のもとにもtwitterのダイレクトメッセージや、メールで投資詐欺の勧誘が頻繁に送られてきます。

上記の大津市の例をみてみると、ネット上で「元本保証」や「数日後に配当」という投資会社の広告を見つけて、「お試しプラン」として1万円を投資したそうです。数日後に2万5千円も配当が入ってきて、その後に更なる投資を求められて投資金額が膨らんでいき、最終的には会社との連絡が取れなくなったとのことでした。

筆者は何度も注意勧告していますが、世の中においしい話などそうそうありません。まず「元本保証」というのは詐欺師が使う常套手段であり、基本的にはそのようなものはないと考えましょう。更に現実的ではない「利回り」が並んでいれば、それは100%詐欺と考えていいでしょう。1万円を投資して1週間も経たずに配当として2万5千円というのはどう考えてもあり得ません。仮にそのような高利回りを元本保証で実現できるなら、その会社に年金運用を任せれば日本国民全員が60歳で定年退職して、毎月何十万円も年金をもらって生活できるようになってしまいますからね。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を