はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳のフリーライターの女性。そろそろ老後資金を準備しようと考えていますが、自己投資や交際費・被服費などが多く、毎月赤字に。どの支出も下げるのは難しいと言います。資産形成へのステップは? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


フリーのライターとして働いている独身女性です。40代半ばとなり、そろそろ老後資金を準備しなくてはいけないと思いはじめました。

お金の本を何冊か読み、なんとかなるかなと思っていたのですが、毎月の収支は赤字。貯金なんてできません。

毎月の収入はあまり変わりなく、親から受け継いだ不動産の家賃収入もあります。仕事の経費は取材時の移動費や、仕事で使うカフェ代、参考書籍程度しかないので、家計といっしょくたにしています。

お金を貯めるには支出を減らさなくてはいけないだろうと思っているのですが、どうにも下げることができません。プロに相談して、アドバイスをいただきたいなと思いました。支出を減らす策はあるでしょうか。

今の貯金額は約180万円。投資をすると貯められるかなと思い、3カ月ほど前から毎月3,000円でつみたてNISAをはじめました。これから貯金額を増やし、投資もしっかりとしていきたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、44歳、フリーランス
・手取り収入:月収約32万円(ライター収入約24万円、家賃収入約8万円)
・貯金額:約180万円
・つみたてNISA:開始して3カ月、3,000円/月
・毎月の支出の目安:38万1,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円(持ち物件)
・食費:5万7,000円(外食含む)
・水道光熱費:1万7,000円
・通信費:1万円(スマホ1台、ネット)
・生命保険料:5,000円
・日用品代:5,000円
・医療費:3,000円(サプリ含む)
・教育費: 1万8,000円(ヨガ)
・交通費:1万円(経費分含む)
・被服費:5万円
・交際費:2万6,000円
・娯楽費:3万4,000円
・その他:2万9,000円(理美容・サブスク・その他)
・経費:3万7,000円(参考書籍・カフェ)
・税・国年・国保:7万7,000円
・つみたてNISA:3,000円

FP:毎月赤字になり、なかなか貯金ができないので、老後に向けてお金を貯められるようになりたいのですね。ざっと支出を見ると、支出が多い費目が多いようです。それらの必要性を検討しながら、支出を減らしていく必要があるでしょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ