はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、本業と副業で生計を立てる54歳一人暮らしの女性。本業は正社員ですが、会社の方針に疲れてしまい、手取りを半分程度まで減らして派遣かパートに転換しようか検討しています。副業でうまく収入を得れば成り立つでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


54歳、持ち家で一人暮らしです。本業プラス副業で生計を立てています。本業は手取り月27万円、副業は月8万円ほどです。

3年前に正社員として転職しました。仕事の内容は問題ないのですが社内の方針が迷走しており疲れてしまいました。本業の手取りを半分にして、派遣かパートで次の仕事を探すつもりです。

老後の資金だけが心配です。これからは本業を10万円の手取りで転職は可能でしょうか?

副業は知人の手伝いのため、いつなくなるかわからないのでないものと考えています。

【相談者プロフィール】
・女性、54歳、会社員、独身
・住居の形態:持ち家(マンション・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:本業27万円+副業約8万円
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:18万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:2万8,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万1,000円
・通信費:6,000円
・お小遣い:1万円
・その他:8万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:十数万円
・現在の貯蓄総額:1,800万円
・現在の投資総額:1,100万円
・現在の負債総額:0円

飯田:今回は、3年前に正社員として転職したものの、社内の方針が迷走しており疲れてしまい、本職の手取りを半分にして派遣かパートで次の仕事を探すつもりの相談者様です。副業も行っているため、収入は上乗せできていますが、いつなくなるかわからない状態のため、派遣やパートとして転職した場合、老後の資金が心配とのことです。転職後は、手取り10万円でも生活や老後が成り立つか知りたいそうです。相談者様の場合、このまま転職しても大丈夫なのでしょうか? どのような点に注意すればよいのかを確認してみましょう。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を