はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、52歳と51歳の、ともに自営業のご夫婦。教育費もそろそろ払い終えるタイミングで、自分たちの老後資金を貯めようと考え始めた相談者。自営業の人が老後の備えのためにやるべきことは? FPの横山光昭氏がお答えします。


夫婦それぞれで、自営業をしています。収入に関しては、今のところ心配なく、家計は毎月黒字だと思っているのですが、貯金がなかなか増えません。

家計は数年前から、自分たちのやり方で記録をし、管理をしています。記録を見る限りではムダな支出はあまりしていないと思っています。ただ、ボーナスなどの臨時収入がない暮らしなので、毎月残るお金を使って、時々ではありますが、仕事に関する相談を受けたり、講習会などに参加しています。帰省したり、大きな買い物をするときも、貯金や毎月の残りで賄うので、もしかするとこれ以上スピードを上げてお金を貯めるのは難しいのかなと思うこともあるのですが、やはり自分たちの老後を考えると、今のうちからしっかりやっておきたいと考えます。

今の家族構成は、夫婦と大学生の子どもが2人。上の子が大学4年生、下の子が大学2年生です。教育費がかかるのはもう少しで終わりですから、今のうちから家計の準備をし、貯められるようにしたいです。自営業の夫婦がもらえる年金額は少ないと思いますので、今から備えておくべきこと、気を付けておくべきことも知りたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、52歳、自営業・アドバイザー系
・夫、51歳、自営業・中古車販売 ・子ども:長女大学4年、長男大学2年
・毎月の世帯の手取り収入:約68万円(妻約30万円、夫約38万円)
・貯金額:約800万円
・投資総額:0円
・退職金の準備なし
・毎月の支出の目安:43万8,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円(夫の事務所で負担)
・食費:10万3,000円(外食含む)
・水道光熱費:1万8,000円
・通信費:1万5,000円(スマホ妻分、ネット)
・生命保険料:2万3,000円
・日用品代:7,000円
・医療費:5,000円(サプリ含む)
・教育費:2万円(教材費)
・交通費:2万9,000円(子・妻)
・自動車関連費:8,000円
・被服費:2万8,000円
・交際費:1万5,000円
・娯楽費:8,000円
・小遣い:4万円
・その他(理美容・サブスク・その他)4万6,000円
・税・国年・国保:7万3,000円

横山:お子さんの手が離れる時期が近づいてきているので、老後資金を本格的に貯められるようになりたいのですね。確かに毎月の収支は黒字のようですが、特別支出、臨時支出の影響で、思うように貯まっていない可能性があります。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう