はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳、派遣社員の女性。夫は建設業で、夫婦ともに収入が不安定。夫は年金に未払いあり。相談者は常にお金に不安があると言いますが、夫は戸建の家を建てたがっています。想定価格は3,000〜3,500万円とのことですが、このままローンを組んだらどうなるでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。


3年後住宅購入を希望していますが、その時夫婦は40代半ばで、そこからローンを組むのがとても不安です。

本当は今すぐにでも欲しいですが、2年前に夫のカードの未払いが発覚し、あと3年はローンが組めません。その間に、400万円を貯めて頭金にするのが目標ですが、夫は建設業(大工)で、私は派遣社員。どちらも休みがそのまま収入に直結し、月によって収入がマチマチで不安定なので、とても不安です。

月5万円を定期預金で貯めていますが、その他にも特別出費に備えて、現金で保有しており旅行や車検、自動車保険などはそちらから出せるようにコツコツ貯めています。今は15万ほどあります。

私達が住んでいる地域で新築戸建てとなると、土地と建物で3,000〜3,500万程度はかかるようですが、35年でローンを組んでしまうと、完済は夫の年齢が79歳となり、繰り上げ返済をどの程度頑張ればよいのか全く見当がつきません。

夫の以前の会社が厚生年金に加入しておらず、支払いを始めたのがここ5年程度で、年金はほとんど見込めません。そのため、第一生命で独自にやっている年金積み立てを夫婦合わせて毎月4万5,000円程積み立てています。また私が正社員だった頃の確定拠出年金で、今でも毎月5,000円掛けています。

夫婦のものと別で個人的に200万程度持っているので、いざという時にはそちらを夫婦のために使うつもりでいます。車も数年後には買い換えないといけないですし、とにかくお金の不安が常にあり、気持ちが落ち着きません。

夫は、「中古でもいいから」と、戸建てにこだわっており、いくらまでの金額なら無理なく返済ができるのか、そのボーダーラインが知りたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、41歳、派遣社員 ・夫、40歳、主人は建設業(大工)
・住居の形態 賃貸(関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:37〜45万円程度(私12〜14万円、夫25〜30万円)
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:25万円程度

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万8,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:2万円
・保険料:2万5,000円
・通信費:1万5,000円
・車両費:5,000円(ローン完済済みで基本はガソリン代のみ)
・お小遣い:夫4万円、妻1万円
・その他:夫の作業着、工具代でだいたい毎月1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・現在の貯蓄総額:200万円
・現在の投資総額:5万円
・現在の負債総額:なし

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。40代で無理なく返済できる住宅購入のご相談です。ご相談者は、ご夫婦ともに月々の収入が不安定で将来に対して不安を抱えています。その中で、戸建て購入にこだわるならば、安心して返済できる物件価格の範囲をしっかりと見極めるのは重要になってきます。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!