はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、会社員の女性。長時間労働がつらく、もっと自分の時間を作れる仕事に転職しようとしている相談者。現在の年収は700万円。年収500万円くらいになった場合、将来の年金はどの程度減るのでしょうか? FPの井内義典氏がお答えします。


40歳になるのですが仕事が長時間労働できつく、辞めたいと思っています。自分の時間を作りたいため、時間で区切られる派遣か、契約社員で考えています。その場合、今後の年金などどのくらい少なくなると考えればよいのでしょうか。年収700万円を500万円まで落とそうかと思ってます。

【プロフィール】
・女性、40歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:47万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:3万5,000円
・水道光熱費:5,000円
・教育費:なし
・保険料:医療4,000円+1万5,000円(個人年金)
・通信費:2,000円
・お小遣い:5万円
・その他:習い事1万円(余りは年間の予算で旅行や家電など調整)
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,300万円
・現在の投資総額:800万円(つみたてNISA、iDeCo満額で運用)
・現在の負債総額:なし

井内:ご相談ありがとうございます。働き方も多様化している昨今ですが、長時間労働を続けると健康に影響し、ワークライフバランスも実現できないため、無理はしづらいところでしょう。働く時間を減らした結果、給与が減ることになると、これが将来の年金の受給額が減ることに繋がります。このことを踏まえ、これからの働き方と、年金など将来への備えについてご提案させていただきます。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]