はじめに

ボーナスシーズンです。ボーナスが出る予定の方は、「そろそろ入るかな」と楽しみにしていることと思います。

ボーナスは、まとまったお金が入る貴重な機会。毎月の収入から同じくらいの金額を貯めるのは大変ですので、ボーナスが入ってすぐに使い切らずに、できれば半分くらいは貯めておき、残りを使うようにして、今後のまとまった支出があるときに備えておきたいもの。

そこで今回は、ボーナスが入ったときの預け先を考えてみました。


ネット銀行や地方銀行、夏の金利が高いのは?

ボーナスシーズンは、ネット銀行や地方銀行を中心に、「ボーナス金利キャンペーン」を行っていることがよくあります。

仮に、30万円を1年間銀行に預ける場合の利息を比べてみましょう。大手銀行の普通預金(金利0.001%)なら3円ですが、金利0.2%なら、600円になります(いずれも税引き前)。わずかな差だと感じるかもしれませんが、積み重ねていけば大きな差になります。

そこで、今年の夏のボーナスのタイミングにあいそうなものを見ていきましょう。

auじぶん銀行 預入期間1年 金利0.20%(2022年8月2日まで)

住信SBIネット銀行 預入期間1年 金利0.15%(2022年8月7日まで)

ソニー銀行 預入期間6カ月または1年、金利0.13%(2022年8月31日まで)

オリックス銀行(eダイレクト預金~インターネット取引専用預金~) 預入期間1年 金利0.15% (キャンペーンではないが通常金利でも高め。預入金額100万円以上)
2022年6月29日までに口座開設をすれば、新規口座開設キャンペーンがあり、預入期間1年で金利0.20%(預入金額100万円以上300万円以内、7月14日まで)。

島根銀行 インターネット定期預金「ネットプラス」 預入期間1年 金利0.25%(2022年9月30日まで。預入金額30万円以上。アプリからの申し込み)

高知銀行(インターネット専用)よさこいおきゃく支店「おきゃく定期」 預入期間1年 金利0.15%(キャンペーンではないが、通常金利でも高め。預入金額10万円以上)

申し込む際には、満期時の受け取り方を「自動解約」(普通預金口座に入る)ではなく、「自動継続(元利)」(受け取った利息を加えた額を元金として、前回と同じ定期預金を継続)にしておくのもいいでしょう。満期時に預け替える手間なく、その時期にボーナス金利キャンペーンを行っていれば、有利な金利で預け替えることができます。※ただし、一部再設定しないと、継続時にキャンペーン金利が対象にならない場合もありますので、確認の上お手続きください。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ