はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30歳、会社員の女性。同い年の公務員の夫と2歳の子どもと暮らす相談者。将来的に、2歳違いで子どもが3人欲しいといいますが、現在の収入で可能でしょうか? FPの鈴木さや子氏がお答えします。


30歳、会社員です。現在2歳の子どもがおり、時短勤務中です。夫は同い年で公務員をしています。

1年後、3年後にあと2人産みたいと希望しています。子ども3人は厳しいでしょうか。

毎月の世帯の手取り収入は43万円、年間のボーナス額は140万円ほど。現在の貯蓄額は預金で640万円、投資で800万円ほどあります。毎月の貯蓄額は4万円程度です。

【相談者プロフィール】
・女性、30歳、会社員 ・夫:30歳、公務員 ・子ども:2歳
・住居の形態:賃貸(近畿地方)
・毎月の世帯の手取り金額:約43万円(夫27万円、妻時短勤務16万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:140万円(夫100万円、妻40万円)
・毎月の世帯の支出の目安:32万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:5万円
・保険料:2万8,000円
・通信費:1万5,000円
・車両費:2万円
・お小遣い:2万円
・その他:5万2,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:4万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:5万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):640万円
・現在の投資総額:800万円
・現在の負債総額:0円

鈴木:お子様をあと2人ご希望されていて、家計に不安がある2歳のママからのご相談です。家計管理を上手にしていて、貯金や投資でしっかり資産形成できていますね。とはいえ、1人あたり1000~2000万円と言われる教育費が3人分かかるとなったら、心配になることでしょう。そこで、お子様が3人になった場合にかかる毎月の教育費をお伝えしますので、手取りから捻出できるかな?と考えてみてください。ただし、今後、教育費以外にも色々なお金がかかります。ご相談者様とご家族が、これからどんな人生を歩みたいか、(マイホームは買う予定?お子様の進路は?働き方はどうしたい?)といったライフプランも併せて考え、ご夫婦で話し合いをすると良いでしょう。

[PR]今の保険料割高と感じていませんか? マネーフォワードの生命保険なら、あなたの保険料は?