はじめに

大型テック株であるGAFAM(グーグル、アップル、メタ(旧Facebook)、アマゾン、マイクロソフト)は、今や私たちの生活には欠かせない企業となっています。

そして、業績や株価も大きく上がってきたことから、投資家だったら「未来のGAFAMとなる銘柄を探したい」という気持ちを持っているのではないでしょうか?

今回は、未来のGAFAMとなる銘柄を探すヒントについてお伝えします。


ARKK:アーク・イノベーションETFをチェック!

インターネットの進化の次世代と見なす「破壊的イノベーション企業」に特定した投資をしている資産運用会社のARKインベスト・マネジメント社をご存知でしょうか?

ARKインベスト・マネジメント社はアメリカの資産運用会社で著名投資家キャシー・ウッド氏が2014年に立ち上げてCEO兼CIOを務めている企業です。ウッド氏は、ブルームバーグの編集長からベストストックピッカーやフォーブス50オーバー50に選出された経験を持ち、天才女性投資ファンドマネージャーと言われることもある著名投資家です。ARKインベスト・マネジメント社では独自のリサーチ力を駆使して「破壊的イノベーション企業」を選定しているのを特徴としており、選定条件としては以下の3つを挙げています。

(1)劇的な生産性の向上をもたらす
(2)急激なコスト低下をもたらす
(3)ほかのイノベーションを創出するプラットフォームである

ウッド氏の旗艦ファンド、アーク・イノベーションETF(ARKK)は、ゲノムや産業イノベーション、Web x.0という分野での破壊的イノベーション企業が対象とされています。
※初出時より一部修正しています。

代表的なのが、CEOのイーロン・マスク氏も有名なEV(電気自動車)の新興自動車メーカーのテスラです。広告も打たず、直営のウェブサイトによる予約受付でのみで販売しているという特徴があり、攻めの姿勢や未来へのビジョンの提示が鮮やかな高成長企業です。

いまでは投資家の期待感も高い企業ですが、当時のテスラには先行き不透明感や懐疑的な見方も多いなか、ARKKはいち早くテスラ社への投資を行っていたことから、ウッド氏の投資家としての手腕が知れ渡ることになりました。

ARKKは日本の証券会社では取り扱いがなく、購入するには海外の証券会社に口座開設する必要があるので、初心者の方にはハードルが高く感じるかもしれません。しかし、ARKKにどのような銘柄が選ばれているのかはチェックすることができます。

著名投資家ウッド氏のリサーチ力にあやかるのは、「ネクストGAFAM」を見つけ出す一助となるのではないでしょうか?

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を