はじめに

7月8日(金)、史上最長の通算8年8カ月もの期間、首相をされた安倍晋三元首相が銃撃され、お亡くなりになりました。この場をお借りしてご冥福をお祈りします。


自民党が掲げる公約を読み解く

7月10日(日)に行われた参議院選挙は事前の予想通り、自民党、公明党の与党の勝利となりました。自民党が掲げる公約から今後期待出来る政策テーマなどを探っていこうと思います。公約は「日本を守る。」4項目と、「未来を創る。」3項目の、合計7項目から構成されています。

【日本を守る。4項目】
1.毅然とした外交・安全保障で、“日本”を守る
2.強力で機動的な原油高・物価高対策で、“国民の生活と産業”を守る
3.徹底した災害対策で、“国民の生命・財産・暮らし”を守る
4.感染症対策と社会・経済活動の両立で、“国民の命と暮らし”を守る

【未来を創る。3項目】
1.「新しい資本主義」で、 “強い経済”と“豊かさを実感できる社会”を創る
2.「デジタル田園都市国家構想」と「農林水産業・ 地域経済の振興」で “活力ある地方”を創る
3.憲法を改正し、新しい “国のかたち”を創る

日本を守るの1項目に「毅然とした外交・安全保障で」とあります。今年5月に岸田首相とバイデン大統領で行われた日米首脳会談の中で、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻、覇権主義的な行動を強める中国、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮などの軍事的圧力を踏まえ、日本政府は屈することがないよう軍事費について「相当な増額を確保する決意」であると表明しました。

7月16日(土)の日経新聞によると政府は、来年度の概算要求基準で防衛費に上限を設けない方針との報道もあります。日本への攻撃に対する「反撃能力」に使う防衛装備やサイバー・宇宙などの増額を見込むともあります。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を