はじめに

初めまして、もふもふ不動産のもふ( @mofmof_investor )と言います。

以前まで私は半導体の研究開発者でした。しかしリーマンショックをきっかけに会社が潰れそうになり、「このままではいけない……」と思い、自分で稼ぐ力を身に着けるため試行錯誤し続けました。

サラリーマンをやりながら2014年に不動産投資を開始。これまでに投資総額約4億円で64室を購入してきました。地方でボロボロの物件を再生したり、都会で新築アパートを建築したり、いろいろ取り組んでいます。2015年に会社を設立。2017年にブログを開始し、2018年にYouTubeをはじめ登録者27万人まで増えました。2019年にサラリーマンを辞めて独立しました。

終身雇用や年功序列を維持できなくなった今の時代、自分の力で稼ぐことはとても大切です。この連載を通じて、多くの方に自分で稼ぐ力を身に着け、豊かな人生を送るきっかけになっていただければ幸いです。


不動産投資とは?

まず不動産投資ときいて、どんなことをイメージするでしょうか?

・地主や資産家しかできない
・不労所得
・楽して儲けられる

そういったことをよく言われがちですが、実際は全然違います。間違ったイメージを払拭すべく、不動産投資家の私が不動産投資とはどんなビジネスなのか解説していきますね!

不動産投資とは、不動産を買って人に貸し出しして家賃を得るビジネスです。

大まかな流れとしては、下記になります。

1.銀行からお金を借りる
2.マンションやアパートを買う
3.貸し出して家賃を得る
4.家賃で経費や銀行返済や修繕をする

画像:筆者作成

不動産投資は投資ではなくビジネス

不動産投資は投資で不労所得というイメージを持たれがちですが、実はこれは間違っています。

まず、不動産投資は投資ではありません。ビジネスで経営になります。「なんで?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

たとえば株式投資は投資で、投資家は株を買うか売るかしかすることが出来ません。買った株の会社が、頑張って利益を出して成長すれば株価が上がる。投資家は株主として配当や株価の値上がりで利益を享受するという仕組みです。

一方で不動産投資はどうでしょうか? 不動産投資家は買うか売るかだけすればいい、というわけではありません。

・どの物件を買うか
・銀行融資をどのように受けるか
・入居者をどのようにして付けるのか
・どこまでリフォームして設備投資するのか
・大規模修繕はどれくらいするのか

このように、株と違って経営判断がたくさん求められます。なので不動産投資は投資ではなく、会社の経営(ビジネス)と考えています。不動産賃貸業と呼ばれています。

「不動産投資は不労所得で楽して儲かる」

そう思ってよくわからず買ったら、入居者は全然つかない、リフォーム費用がかかる、雨漏りとかトラブルで費用がかかる、売ろうと思ったら買った金額の半額でしか売れない−−そういったケースに陥る方も少なくありません。100万円とかではなく、何千万円や何億円もするケースもあり、失敗した時の金額もとても大きくなります。

そして不動産投資は決して不労所得ではありません。やらないといけない事や経営判断が沢山出てきます! 不動産投資を始めたい方は、気を付けましょう。

一方でしっかり学んでいる人にとっては、不動産賃貸業はかなり魅力的で安定しているビジネスです。人口減少とかいろいろ言われていますが、まだまだ安定した利益が出せるビジネスですし、私はこれからもずっと続けていく予定です。

不動産投資で失敗しない方法や儲ける方法など、本連載を通じて基本を解説していきますのでご安心ください!

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介