はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、35歳と47歳の公務員の夫婦。現在子どもは2人ですがあと1人子希望しています。3人を小学校から私立に行かせ、マイホームを購入したいといいますが、このままで老後資金は大丈夫でしょうか? FPの鈴木さや子氏がお答えします。


3人目の子どもを希望しており、全員小学校は私立に入れたいです。

その後の進路は本人の希望を尊重したいのでオール私立になる可能性もありますが、教育費が一番かかる場合で今の状況でやって行けるか心配です。特に夫とは年の差があるため、現役時代に子育てが終わらないことも心配。教育資金のため学資300万円×2、終身保険解約予定時約500万円×2、ジュニアNISAも貯蓄分から二人分満額行う予定であり、毎月ほかの貯蓄は出来ていません。

現在夫が入っている月10万の保険は解約すれば約1,000万程になりますが、夫の病気が最近発覚したため、年末の手術が無事終わるまでは解約しない方向。夫婦ともに毎月iDeCo1万2,000円を2年前から、NISAは5年分の120万枠を現在の貯蓄分から満額投資予定です。また、今後現在の貯蓄分から投資に回していく考えです。

老後についても今の備で十分かどうか知りたいです。住居はずっと賃貸予定ですが、相談結果で購入できる可能性があれば検討したいです。

【相談者プロフィール】
・女性、35歳、公務員
・夫、47歳、公務員(今後2〜3年で部署異動可能性があり、そうなると手取りプラス10万円となる)
・子ども2人:3歳、6歳
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:49万円(夫30万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:約200万円
・毎月の世帯の支出の目安:49万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万8,000円
・食費:8万円
・水道光熱費:2万1,000円
・教育費:8万3,000円
・保険料:20万円
・通信費:4,000円
・お小遣い:設定なし

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:記載なし
・ボーナスからの年間貯蓄額:記載なし
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,000万円
・現在の投資総額:1,000万円
・現在の負債総額:記載なし
・老後資金は公的年金毎月夫10万円、妻8万円予想。他妻個人年金で60歳から年84万円給付される予定。他夫婦のiDeCo分あり。
・退職金は夫婦共に1600万円程の予想

鈴木:3人目のお子様を希望され、お子様たちの進路は「小学校から私立」プランを考えている共働きママからの家計相談です。小学校から大学までオール私立の場合、7歳から22歳までの16年間合計で1人あたり約2,300万円、小学校受験の費用等合わせると2,500万円以上かかることに。3人の教育費とご夫婦の老後資金が不足しないか、みていきましょう。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!