はじめに

ライフプランの優先順位を明確にする

まず大前提として、今後のライフプランを考える際の優先順位を考えなければいけません。人生においては住宅購入以外にも、普段の生活レベル、子どもに関することや、老後の生活についてなど、やりたいことや実現したいこと、お金がかかってくるであろう様々なライフイベントがあります。将来の理想の生活について、ご夫婦でそれぞれを書き出し、優先順位付けをすることから始めましょう。例えば、

(1)ステキな家に住みたい
(2)子どもは2人欲しい
(3)教育費はなるべくなら出してあげたい
(4)今の生活レベルの維持
(5)老後の生活費の確保

などです。「ステキな家に住んだ上で、生活レベルを落としたくないので、子どもは1名で良い」という方もいれば、「子どもは最低でも2人欲しいので、そのためなら家は郊外でも良いので予算を落として考えたい」「何よりも老後の生活費確保が大事」などなど色々な価値観の方がいらっしゃいます。まずはご自身の優先順位について整理してみましょう。

ご相談者の場合、既に住宅購入をされているので、第一順位は「住宅購入」とします。その上で、子どもは2名欲しいということですので、今現在や老後の生活費はある程度落としても良いと考えます。将来の教育費については、出来れば出してあげたいが、奨学金を活用する選択肢もあります。ご自身も奨学金を活用されているので、比較的身近かもしれません。

このように、今後の生活をどのような想定で考えるかによって、ガラッとシミュレーションは変わってきます。まだ将来についての具体的なイメージが固まっていないようですので、それを整理することから始めなければいけません。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]