はじめに

サイドFIREに向けてどの支出を改善する?

「11万円支出を改善する」より「9万円の改善+年金受給開始を繰り下げる」プランの方が実現性が高いでしょう。仮に、この9万円の収支改善でサイドFIREが達成できているとしたら、現在の家計をどのように改善すれば良いでしょうか。

相談者様の家計をみると、保険5,000円、通信費9,000円、水道光熱費1万5,000円、衣服費2万円、レクリエーション費2万円と、それほど大きくないので、ここはそのままにすることにします。家計の中で、支出として大きいのがこちらの4つです。

(変動費)
・食費15万円 ・小遣い4万円
(固定費)
・住居費20万円 ・教育費9万円

改善の目標額は?

◆変動費の改善→ ー7万円
食費は4人暮らしであれば9万円台にすることは難しくないでしょう。毎週の食費の予算を決めて、その中でコントロールする癖をつけると良いでしょう。また、外食やお惣菜、取り寄せなどの贅沢支出を見直しされると良いと思います。

また、お小遣いも4万円から、1万円減らしてみるなどの工夫でも改善できるかもしれません。

◆固定費の改善→ ー2万円
住居費、教育費は毎月一定の金額が発生する「固定費」になります。固定費は、契約により支払うことを約束しているので、契約を見直したり、解約して別の契約を結ぶ手間がかかるので行動に移しづらいと思われる方が多いです。しかし、いったん契約を見直して減額ができれば、その後は苦もなく改善を続けることができるので改善効果が高くなります。

住宅にかかる固定費を見直す方法

住宅を住み替えるのであれば、現状より安い物件を探さなくてはなりません。敷金礼金や仲介手数料、引越し費用などがかかるので、一時的にコストがかかりますが、住宅費を下げることは可能でしょう。

また別の方法としては、現在お住まいの大家さんや管理会社に対して、家賃の減額交渉を行う手もあります。特に更新のタイミングを見計らって、家賃を下げられないか相談してみると良いでしょう。大家としても賃借人に退去されると「空室」ができてしまう上にクリーニングなどの費用もかかりますので、できれば長く住んでもらいたいと思っているはずです。

そもそも借りている建物の劣化が進めば、家賃は下がる傾向にあります。特に現在は賃貸の募集状況もネットで見つけやすくなっています。現在住んでいるマンションの他室の募集状況や、近隣の家賃相場、建物の経年劣化による価値の低下などを材料に交渉してみると、応じてもらえる可能性は上がるでしょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]