はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、54歳独身、会社員の男性。がんを発症し、休職中の相談者。このまま退職したあとの投資のバランスや、母親の介護費用や住居をどうするかなどが気になっているとのこと。FPの黒田尚子氏がお答えします。


54歳会社員、家族とは離別しており、現在は79歳の母(介護不要)と同居中です。

がんを発症し2022年1月より休職、傷病手当受給中です。このまま二年後に退職して、社会と繋がりが切れない程度にバイトをして年金生活まで凌ぎたいと考えています。公的年金は60歳より前倒し受給するつもりです。

そこで質問です。

・投資バランスに問題ないでしょうか。内訳は、確定拠出年金 1,700万円(先進国株式インデックスヘッジなし1,300万円、国内株式インデックス400万円)、国内リート 300万円、海外リート 150万円、その他株式 50万円。確定拠出年金は70歳から取り崩していくつもりです。
・今後の母の介護費用をどのくらい見込んでおくべきでしょうか。
・住居は相続するつもりはなく、リバースモーゲージ利用に興味があります。私の場合メリットはあるでしょうか?

【相談者プロフィール】
・男性、54歳、会社員
・同居家族について:母79歳(無職)、介護不要、年金月2万5,000円
・その他家族について:配偶者(離別)、子ども2人(27歳、22歳、いずれも別居)
・住居の形態:持ち家(戸建て、関東地方、土地60坪、建物40坪、築20年、ローンなし、最寄り駅徒歩20分)
・毎月の世帯の手取り金額:30万円(傷病手当のみ、社会保険料除く)
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:1万5,000円(個人年金 1万円〈60歳まで払込〉、医療共済 3,000円、生命共済 2,000円〈母、80歳で辞めるつもり〉)
・通信費:5,000円
・車両費:2万円
・お小遣い:3万円
・その他:6万5,000円(医療費)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,300万円
・現在の投資総額:2,200万円
・現在の負債総額:0円

【老後資金】
・退職金:300万円
・個人年金:1,000万円(60歳から100万円×10年)
・終身保険:400万円(払込済)
・公的年金:60歳前倒し受給で月10万円、65歳受給で月14万円

黒田:がんに罹患された方の資産運用のご相談です。通常、どのような種類のがんに罹患したのか、ステージはどれくらいか(予後)、現在の治療の状況や体調、経済的見通しなどを踏まえ上でアドバイスしますが、がん関連情報がまったくございませんので、一般的なアドバイスに留まることをご了承ください。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]