はじめに

キャッシュレス決済が普及し、現金で支払うことが少なくなったという人も珍しくありません。

さまざまなキャッシュレス決済がありますが、手軽さと安全性、そしてポイント還元のおトクさから、クレジットカードとQR決済を利用する人が増えています。

そこで気になるのが、ポイント還元率。せっかく買物をするならおトクにしたいものです。日々のスーパーやコンビニでの買物はもちろんですが、家電など高額な買物をする時には、おトクな支払い方法に悩んでしまいます。

クレジットカードとQR決済の還元率、どちらがよりおトクなのでしょうか。


クレジットカードの還元率

まず、クレジットカードの還元率を見ていきましょう。クレジットカードは、キャッシュレス決済のなかでも最も昔からあり、最も使われています。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%に設定されていることが多いようです。これは、200円のクレジットカード決済に対して、1円分のポイントがつくことを表しています。

一般的な還元率0.5%を目安にして、それよりも高い還元率のカードを選ぶとおトクです。
高還元率カードの例を挙げます。

クレジットカードの還元率には幅があり、条件をクリアすると高くなります。条件は、たとえば年間の利用額が一定以上、提携店での利用額が一定以上、などです。

ただ、このような条件は比較が難しく、複雑であることが多いです。そのため、最低還元率が1%など、特に条件を考えなくてもおトクなクレジットカードを選んでおくのも一案です。

また、提携しているお店などで利用すると還元率が高くなるクレジットカードもあります。

デパートやショッピングセンター、家電量販店のクレジットカードなどが好例です。ただし、ポイント還元率が高くても、使えるのはそのお店だけの場合もありますので、その点は注意しましょう。そのお店でよく買物をする、という生活スタイルであればおトクですが、そうでなければおトク度は低くなってしまいます。

クレジットカード選びは、生活スタイルに合わせることが肝心です。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]