はじめに

「インカムゲイン」という言葉をご存知ですか?

株式投資をする際に得られる利益には、配当や株主優待という保有することで得られるインカムゲインと、安い時に株を買って思惑通り値上がりしたら売ることで差益を得るようなキャピタルゲインがあります。相対的にインカムゲインでは、長期投資が想定されるので株価の短期的な上下動にあまり収益が左右されないということもあり、初心者の方でも安定的に利益を狙うことが可能といえます。

実は日本の大企業の株を持っていると、インカムゲインで5%以上の利回りが得られる、そんな銘柄が今たくさんあるのです。


インカムゲインの魅力

皆さんがイメージしやすいインカムゲインとして、定期預金などによる利息があります。一定額を預け入れることで、定期的に利息を受け取ることにより資産が増えていきます。現在は低金利時代で高いところでも0.3%程度と、預貯金のインカムゲインで資産を増やしていくのは難しいです。

冒頭でお伝えした通り、株式投資でのインカムゲインは、銘柄を保有することで得られる配当や株主優待があります。例えば、1株1,000円で利回り3%の銘柄を1単元(100,000円)保有すると、年間3,000円のインカムゲインとなります。同額を利息0.3%で預け入れても年間300円のインカムゲインですから、その差は一目瞭然です。

個人的にはインカムゲインを狙うなら、できれば5%以上の利回りがあれば、と考えます。キャピタルゲインも併せて狙う場合もあるかと思いますが、基本的にインカムゲインだけと考えるなら、最低でも3%程度は欲しいところです。

そして今、日本企業では配当利回り5%を超える銘柄がたくさんあります。そこで高利回りの例として、3つの銘柄を紹介します。
※利回りは2022年9月15日の終値を参照

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を