はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、48歳、会社員の男性。3年後に早期退職をして、夢だった海外暮らしを10年ほどして日本に戻りたいという相談者。資金は足りるのでしょうか? また注意することは? FPの飯田道子氏がお答えします。


48歳会社員です。5年前に離別し、今後も再婚するつもりはありません。子どももおらず背負うものはないので、3年後に早期リタイアして昔から夢だった海外移住(インドネシアかベトナム)を実現したいと考えています。10年くらい住んで日本に戻るとした場合、老後資金は足りるでしょうか。

場合によっては、今住んでいる家を売却することも考えています。住宅ローンは、物件購入額4,000万円、借入額3,700万円、金利0.75%、返済期間7年(残り28年)、残債2,980万円です。

老後資金は、公的年金18万円/月(定年退職の場合)、退職金有1,600万円(3年後に退職した場合)を見込んでいます。

積立投資は、米国のインデックス投資に毎月5万円(つみたてNISA含む)しております。

【相談者プロフィール】
・男性、48歳、会社員、独身(離別)、子どもなし
・住居の形態:持ち家(マンション、関東地方、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:40万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:350万円
・毎月の世帯の支出の目安:27万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:4万5,000円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:5,000円
・保険料:3,000円
・通信費:2,000円
・お小遣い:3万円(飲み代)
・その他:7万円(医療費1万円、日用品1万5,000円、書籍5,000円、娯楽3万円、その他1万円)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:13万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:300万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,200万円
・現在の投資総額:2,900万円
・現在の負債総額:2,980万円

飯田:今回は、アーリーリタイアメントをして、海外へ移住。その後、日本へ戻って暮らすことを考えている相談者様です。現在48歳の相談者様は、3年後に早期に会社を退職し、かねてから憧れだった、インドネシアかベトナムへと海外移住を考えているそうです。そこで気になるのが、その後の生活。10年後に日本に戻る場合には、老後資金は足りるのかを心配されているようです。相談者様の場合、老後資金は足りるのでしょうか。また、計画を進めるためには、どのような点に注意すると良いのでしょうか?

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]