はじめに

会社員の副業が広がるなか、記録的な円安もあり輸出ビジネスへの関心が高まっています。

そこで、副業支援スクールで講師を務める竹中重人 氏の著書『1日1時間で1億円! 米Amazon輸出ビジネス』(ぱる出版)より、一部を抜粋・編集して米Amazon輸出ビジネスのメリットについて解説します。


PC1台でどこでもできる「クラウド貿易」

従来の貿易事業は、今よりも時間とお金がかかっていました。まず、飛行機で海外に渡航する必要がありました。そして、現地で慣れない英語を駆使し、業者と関係を作ります。時間をかけて関係を作っても、実は詐欺業者だと判明し、ゼロからの再スタートということも珍しくありません。現地で見た商品と販売商品が違うというトラブルも起こります。商品に汚れや傷があった、後から安い材質に変わっていた、色違いの商品だったなど、トラブルは日常茶飯事です。

自宅の倉庫が仕入れた輸入雑貨で溢れるということもありました。商品が売れれば売れるほど、足の踏み場もなくなります。さらに、自分一人でやる場合は、体力的にもハードな業務となります。汗水垂らして労働する必要があり、非常にアナログでスマートさとは程遠いビジネスでした。

私は、従来の貿易ビジネスに対して、本著で紹介する米Amazon輸出ビジネスのことを「クラウド貿易」と呼んでいます。クラウドとは直訳すると雲ですが、インターネット上の仮想空間のことを指します。ユーザーが大規模なインフラやソフトを持たなくても、インターネット上で必要なサービスが利用できる仕組みです。クラウドにはデータが無限に保存できるため、とても注目されています。すでに多くの人がその恩恵を受けていると思います。クラウドは、デジタル社会のスマートさを象徴した用語だと言えるのでしょう。

クラウド貿易は、クラウドを活用した貿易ビジネスです。つまりはPC1台があれば完結します。商品を仕入れる場合は、日本のAmazonや楽天などで購入し、荷物の受取先を代行業者にします。代行業者が商品を保管し、代わりに貿易手続きを行い、米Amazonの倉庫まで商品を届けます。米Amazonに商品が届くと自動的に販売が始まります。商品が売れたら米Amazonがお客様の元に商品を届けます。このように、代行業者を上手く使えば、一連の作業を委託することができます。商品の保管場所も、Amazon倉庫を活用すれば、まったく必要ありません。極端な話、商品の現物すら触らずにビジネスが完結します。

売上が増えても、サイトや通帳の残高の数値が増えるだけです。もちろん、取引先に電車で訪問して約束手形を回収しに行く必要もないのです。従来型の物販ビジネスのように、売上に比例して作業量も増えるということもありません。

必要なのは、PC1台とコツコツ継続する行動力だけです。基本知識は本書を読むだけで十分です。新しいことに一歩踏み出す勇気があれば、スタートでき、難しいスキルもビジネス経験も必要ありません。私は、老若男女が取り組めるこのクラウド貿易が新しい時代のスタンダードになると考えています。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を