はじめに

個人で輸出ビジネスを始める際に、販売する商品はどのように決めればよいのでしょうか?

そこで、副業支援スクールで講師を務める竹中重人 氏の著書『1日1時間で1億円! 米Amazon輸出ビジネス』(ぱる出版)より、一部を抜粋・編集して米Amazon輸出ビジネスで売れる商品の見つけ方について解説します。


売れる「宝物」はネット上に転がっている

米Amazon輸出ビジネスで重要な商品リサーチの方法について紹介します。このビジネスでは「リサーチが9割」と言っても過言ではありません。商品リサーチをしっかりと行うことで、商品が自動的に売れるようになるのです。そうすると、時間をかけずに売上が上がり、最終的には自由な時間とお金が手に入ります。

実は、リサーチはコツさえわかれば、それほど難しくはありません。非常にシンプルな理屈です。「アメリカで売れている日本製品を仕入れて売ればよい」のです。ちなみに、アメリカで“売っている商品”ではなく“売れている商品”です。すでにアメリカで実績のある日本製品を米Amazonで販売します。売れた商品を売るわけですから、売れるのが当然と言えるかもしれません。

鋭い方は、「競合品が多いと売れないのでは?」と思うかもしれません。たしかに競合店が多いと売れにくくはなります。ただ、輸出には相応のハードルがあるため、競合は多くありません。

さらに、米Amazonに出品されている日本製品は既に数万点あります。あまりにも種類が豊富にあるため、完全に同じ商品になる確率は低い。そして、毎年3万点の日本製品が米Amazonに出品され、新たに増えています。1年で3万点です! これは本当にすごい数だと思いませんか? この毎年新しく出品される3万点の商品は全て「アメリカで売れている日本製品」です。この中から自分のショップのラインナップを作っていくのです。まだまだ需要に対して供給が追いついていないのです。

では、どんな日本製品がアメリカで売れるのでしょうか?

ここでは、イメージできるように、具体的ないくつかの商品を紹介しましょう。

まず、日本のフィギュアやおもちゃは以前から人気の売れ筋商品です。さらに、日本の電化製品も人気があります。メイドインジャパンは高品質で故障しないというブランド力は浸透していると言えるでしょう。

あと、意外なところでは、工具も売れています。そして、やはり日本のマンガは人気があります。例えば、『鬼滅の刃』や『ジョジョの奇妙な冒険』はとても人気。もちろん、日本語で書かれていますが、なぜか良く売れています。正直、私も売れている本当の理由はわかりません。日系人や日本語を勉強したいアメリカ人もいるとは思いますが、単に日本語が好きな人もいるかもしれません。世界の人たちは、日本と日本語に対する強い関心があるとは言えるでしょう。

そして、何より面白いのは、“売っていく”という非常にハードルの高いマーケティング要素が不要なのです。“売れている理由”がわからないとマーケティングは成立しませんが、私の手法では“売れている”ことさえわかれば良いのです。これが再現性を圧倒的に高くしている要因の1つです。

2021年の東京オリンピック開催も、日本の人気を後押ししています。これも米Amazon輸出ビジネスには追い風でプラス材料です。売れるお宝商品をリサーチで見つけて、売れ筋のラインナップを作っていきましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ