はじめに

キャッシュレス決済やECサイトでは、仕様変更がつきものです。改変に気付かないまま過ごしていると、いつの間にか損してしまっているかもしれません。

SNSでも話題を呼んだ、直近の仕様変更についてまとめました。


楽天カード

2023年1月5日(木)から、楽天カード(Mastercard)でのAmazon.co.jpにおける楽天カード利用獲得ポイントの進呈ルールが変更されます。

変更前は100円の利用につき1ポイントが付与されますが、変更後は500円の利用につき1ポイントとなります。還元率で表すと0.2%と、かなり低い水準になってしまいます。Mastercardブランド限定の変更なので、Visa、JCB、American Expressのブランドに関しては引き続き1%還元となります。Amazonの支払い方法に楽天カードを登録している方は確認しておきましょう。

ちなみに楽天カードは、2021年6月から電気・ガス・水道などの公共料金や一部の税金なども0.2%の還元率に変更しています。こちらはブランド問わず変更されているので、還元目的で毎月の公共料金などに楽天カードを設定している方は、他社の高還元クレジットカードへの変更を検討してもよいかもしれません。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンパールアメックス)

QUICPay支払いで2%相当の高還元が得られることで人気のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード、通称セゾンパールアメックス。これまでQUICPay2%還元に利用上限はありませんでしたが、2022年11月1日(火)から上限額が設定されます。

上限は年間合計30万円(税込)に達する引落月までが対象となり、上限に達した翌月からは0.5%相当の還元率に下がります。セゾンパールアメックスのQUICPayをメイン決済利用している方は注意が必要です。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ