はじめに

コロナ禍の影響で少なくなっていた人の往来も、ここ最近戻ってきたようです。筆者の体験でも、連休前の東京駅構内は多くの人でにぎわい、新大阪までの新幹線では、3人掛けのシートがすべて埋まっているところも少なくありませんでした。

そんななか、ビジネスやプライベートで東京-大阪間を移動する機会が増えてきそうです。今回は、東京-新大阪間の新幹線を、よりお得に乗る方法について考えてみたいと思います。


通常の価格

まず、東京-新大阪間の新幹線運賃を確認しましょう。

駅の窓口や券売機で購入すると、のぞみ号は乗車券8910円+特急料金5810円=合計1万4720円です。

ひかり号・こだま号の乗車券はのぞみ号と変わらず8910円+特急料金5490円=合計1万4400円です。のぞみ号より320円安いですね。

また、自由席だと、乗車券8910円+特急料金4960円=合計1万3870円です。

座れる保証はないのですが、混んでいる場合は1号車の端のデッキに新聞紙など敷いて陣取る、という荒業もなくはないので試してみるのも一興かもしれません。

とはいえ、東京も新大阪も始発駅ですから、列車待ちの列の先頭付近ならまず座れるでしょう。気を付けるべきは、新大阪から乗る際に、新大阪発の新幹線の列に並ぶことです。博多発などでは、新大阪駅に到着した時点で自由席はすでに満席、という可能性もあります。

スマートEX

東海道新幹線をよく利用する人は、スマートEXを利用している人が多いのではないでしょうか。スマートEXは、無料の会員登録をすると、スマートフォンのアプリから簡単な操作で新幹線の予約ができるサービスです。

利用するには、スマートフォンアプリをダウンロードして、クレジットカードと、スマートEXと連携させるSuicaなど交通系ICカードを登録します。支払いはクレジットカードのみです。ポイント還元率のいいカードを登録しましょう。

スマートEXで購入できるチケットは乗車券・特急券は一体となっていて、のぞみ号だけではなく、ひかり号やこだま号、自由席も画面から選べますが、料金は同額です。

東京-新大阪間の料金は、1万3620円。券売機で買うより1100円安くなります。

座席の指定は、窓側・通路側といった種類で選ぶこともできますし、座席表から選ぶことも可能です。トイレや喫煙ルームとの位置関係や、車両全体の込み具合も確認できるので便利です。

しかも予約の列車や座席の変更は、入場前で予約の列車の発車時刻前までなら、何度でも手数料無料で変更できます。予定していたスケジュールよりも早めに終わった、もしくは遅くなりそう、という時でも気軽に変更できるのは助かります。

また、スマートEXではビジネスパーソン向けの「S Work車両」を選ぶことも可能。S Work車両は、新幹線内で気兼ねなく仕事ができる目的で作られた車両です。これまで座席で仕事をしたくても、パソコンのキーボードを打つ音や、携帯電話、Webミーティングの通話音が気になってできなかった、という人にとってはありがたい車両です。料金は、他の車両の座席と同じです。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]